日本のゴルフトーナメント

日本で富裕層向けのスポーツとして親しまれているゴルフ。この記事では日本国内で行われてるゴルフのトーナメントや歴史、有名選手について紹介します。ゴルフについて詳しくない方は、ぜひこの記事でゴルフについて学んでみましょう。

Japanese Golf Tournament

日本におけるゴルフの始まり

日本でゴルフがプレイされ始めたのは1901年のことでした。当時イギリス人の貿易商人アーサー・ヘスケス・グルーム氏が兵庫県に所有する別荘に4ホールのコースを作ったのが始まりだといわれており、さらにその2年後、日本最古のゴルフ場として知られている「神戸ゴルフ倶楽部」が建設されました。
その後、日本では第一次、第二次ゴルフブームが起こり、現在のように人気のスポーツとして定着するようになりました。

日本国内でのトーナメント

ゴルフの大会と言うと海外の大会ばかりが注目されていますが、日本でも中日クラウンズ、東建ホームメイトカップ、日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップなど多数のトーナメントが開催されています。
2020年はこれらのトーナメントのほとんどは延期または中止となっています。

日本のトップゴルファー

ここでは日本の有名なプロゴルファーを紹介します。

石川遼選手

男子ツアー世界最年少優勝、日本での最年少賞金王記録保持者である石川遼選手は誰もが知る有名プロゴルファーでしょう。
「ハニカミ王子」というニックネームをもち、女性からも絶大な人気を集めました。
2019年にはツアー史上最年少「28歳82日」で生涯獲得賞金10億円を突破しました。

池田勇太選手

池田勇太選手は高校生時代に「世界ジュニア」「日本ジュニア」を制した有名プロゴルファー。2009年には「日本プロゴルフ選手権」で初優勝し、実力を日本中に見せつけました。
また、2013年に当時史上最年少となる27歳14日でジャパンゴルフツアーの選手会長に就任しています。