オリンピックとゴルフ

新型コロナウイルスの影響で、残念ながら延期となってしまった東京2020オリンピック。実際のところ開催されるかどうかも現在不透明な状況ではあるのですが、もちろん日本のスポーツファンは、その開催を心から待ち望んでいます。 特にゴルフ競技においては、渋野日向子という金メダルを狙える、スター性も持った選手が出場予定だったため、延期を残念に思っているファンも多いと思います。そんな日本人の注目が高かったオリンピックのゴルフ競技について、ここで改めて取り上げていきたいと思います。 ゴルフがオリンピックに初めて登場した大会 ゴルフがオリンピック競技に採用されたのは2016年リオ大会から、と思っている方も多いと思いますが、実は1900年におこなわれた第2回オリンピック、パリ大会でゴルフは既にオリンピック競技に採用されています。しかし、次の1904年セントルイス大会で2大会連続おこなわれて以降、100年以上もゴルフはオリンピック競技ではありませんでした。そして満を持して再び採用されたリオ大会のゴルフ競技では、男子はイギリスのジャスティン・ローズ、女子は韓国の朴仁妃が金メダルに輝いています。日本人選手は、残念ながらメダルには届きませんでした。 東京2020オリンピック注目のゴルファー もちろん中止の可能性もありますし、出場予定選手が変わる可能性もあるのですが、開催された場合、活躍する可能性が高い注目のゴルファーをここでは紹介していきます。 渋野日向子:最初に言及しましたが、2019年AIG全英女子オープン優勝者で、現在まだ21歳という若さの彼女が、ゴルフ競技における日本人初の金メダルに輝く可能性は非常に高いといわれています。 タイガー・ウッズ:キャリアの晩年に差し掛かっているとはいえ、このゴルフ史上に残るスーパースターがもしオリンピックに参加すれば、大会が盛り上がることは間違いありません。現在のところ代表資格を得ていないタイガーですが、延期の恩恵を受け、出場できる可能性は大いにあるのです。
Read More...

2020年マスターズ・トーナメント延期

今年、2020年の海外ゴルフメジャー初戦となるはずだったアメリカ、ジョージア州オーガスタ開催のマスターズ・トーナメントは、3月13日に新型コロナウイルスの影響によって延期されることが発表されました。その時点では未定とされていた延期後の日程ですが、現在マスターズの公式ホームページ上では、11月の9日から15日の開催を目標にしている旨が述べられています。しかし、世界的に新型コロナウイルス第2波が広がっている現状では、全ては五里霧中というのが実際のところでしょう。 それでも、年末の開催を目指し努力するマスターズの関係者の努力が報われることを願いながら、11月にマスターズが開催された場合の注目ポイントをここで紹介したいと思います。 マスターズ招待選手に変更はあるのか? マスターズは、招待資格を満たしたゴルフのマスター(名手)のみに出場が許されるため、この名で呼ばれている大会です。その招待資格には、 歴代マスターズの優勝者 マスターズ以外の海外メジャー大会優勝者(過去5年間に限定) マスターズ以外の海外メジャー大会4位以内(前年度限定) 前年度末の公式世界ランキング50位以内 今年度の公式世界ランキング50位以内 これら以外にも多くの招待資格があるのですが、今回問題になりそうな招待資格が、上記最後にあげた「今年度の公式世界ランキング50位以内」です。このランキング50位以内というのは、マスターズ開催前のランキングで、当初の4月開催前のランキングに入っていた選手は該当しないということになります。しかし、マスターズ側は公式ホームページ上で、4月の開催時点で資格を有していた選手については延期後も招待するつもりである、と述べているため、おそらく彼らも招待されることになりそうです。
Read More...

ゴルフ初心者向けスイングガイド

会社の付き合いで、または友人に誘われて初めてゴルフコースを周ることになったあなたは、ひとまずゴルフの打ちっぱなしに足を運び、ボールを打ってみることになるでしょう。そしてそこで初めて、地面に置かれたボールをただ打つことが、これほどまでに難しいという事実を知ることになるはずです。まっすぐに飛ばない、飛距離がでない、ボールが上がらない・・・ぱっと見簡単に見える静止したボールを打つという行為は、実は一筋縄ではいかないものなのです。そんな初心者中の初心者であるあなたに、上達への道しるべとなるゴルフスイングのアドバイスを用意しました。ぜひ参考にしていただき、今後のゴルフライフを楽しいものにしていただければと思います。 まずはアイアンから 初心者がドライバーといったウッドに分類される種類のクラブを使いこなすことは、大変難しいことです。だから、最初はアイアンと呼ばれる種類のクラブでスイングの練習をおこないます。アイアンはヘッドがウッドよりも軽いため初心者でも扱いやすく、そのためボールにクラブフェースをまっすぐ当てる感覚を覚えることができます。 きちんとしたフォーム、グリップを覚える 初心者が最初にフォーム、グリップをきちんと覚えず変な癖をつけてしまうと、後からの矯正に大きな労力が必要となってしまいます。初めての段階できちんとしたレッスンプロなどに習い、正しいフォーム、グリップを覚えることが、長期的にはゴ
Read More...

ゴルフのドライバーの選び方

どんなに練習してもドライバーが上手くならない、アイアンは自信があるので、ドライバーはあきらめて最初からアイアンで打っている…そんな皆さんに自分に合ったドライバーを選ぶことをお勧めします。年齢やスイング方法の変化に伴って適切なドライバーを使用するのはとても大切です。3つのポイントをチェックしてみてください。
Read More...

尾崎将司 ~日本ゴルフ史上最高のプレイヤー?

かつて日本のゴルフ界はAONと呼ばれる3人のゴルファーによって支えられていました。それぞれのゴルファーの頭文字を取ったこのAONの呼称。Aは1980年の全米オープンであのジャック・ニクラウスと死闘を繰り広げ、1983年にはハワイアン・オープンで日本人初のPGAツアー優勝を果たした青木功。Nは1985年に日本人で初めて獲得賞金額1億円を突破した中嶋常幸。そしてOが、そんな強敵と死闘を繰り広げながらも、この3人の中で最強の名を欲しいままにした「ジャンボ」こと尾崎将司です。 野球選手からゴルフ選手へ 良く知られている話ですが、ジャンボ尾崎は春の選抜高校野球の優勝投手であり、西鉄ライオンズで3年間活躍した プロ野球選手でした。その後プロゴルファー転向を決意し、1970年にプロテスト合格。翌1971年には早くも初優勝と順風満帆なゴルフキャリアをスタートします。 しかし凄いのはここからで、この初優勝から僅か3ヶ月でなんと5勝を挙げたのです。まさしく彼の時代が幕を開けたのでした。そして1973年にはマスターズ・トーナメントで東洋人初の8位入賞を果たし、世界でもその名を知られるようになります。キャリアでは通算12度の賞金王に輝き、特に94年から5年連続で賞金王になった頃の彼の強さは、この時代がAONの時代と言われながら、しかし国内に敵は全くいなかったと言っても過言ではありませんでした。 活躍できなかった海外のトーナメント そんな国内無双を続けたジャンボ尾崎でしたが、しかし海外のトーナメントでは振るいませんでした。4大メジャーには50回出場し、最高位は1989年の全米オープンの6位。トップ10以内に入ったことは都合3回しかありませんでした。国内でこれほど強いジャンボ尾崎が海外では勝てないことに、世界との距離を感じたゴルフファンも多かったことでしょう。 日本ゴルフ界への貢献 ジャンボ尾崎はただゴルフが強かっただけのゴルファーではありません。兄弟のプロゴルファー、健夫や直道と共にジャンボ軍団を結成し合同自主トレを行っていましたが、ここからは多くのプロゴルファーが巣立って行きました。飯合肇、川岸良兼などのトップゴルファーを排出し、この時期の日本ゴルフ界の底上げに大きく貢献したのです。 尾崎将司は、間違いなく日本ゴルフ史上最も偉大なゴルファーの一人です。1964年の東京オリンピックで聖火ランナーを務めたことは意外と知られていませんが、もしゴルフがオリンピック種目になるのが20年早かったら、きっと出場し活躍していたことでしょう。そうなっていたら、きっと多くのファンが日本でも利用できるこの様なブックメーカー アジアのブックメーカーとゴルフに賭ける で彼の勝利に賭けていたはずです。まだ現役を続ける彼ですが、引退を匂わす発言も出るようになりました。しかしもし引退したとしても、彼のゴルフ界への貢献は今後も続いていくことでしょう。
Read More...

アジアのトーナメント

ゴルフトーナメントは世界各国で開催されており、どれも独自の特徴を有しています。 今回はthe Asian tour of golf、すなわちアジアのゴルフトーナメントについてご紹介します。 アジアパシフィックダイヤモンドカップ アジアパシフィックダイヤモンドカップとは、日本ゴルフ協会と日本ゴルフツアー機構、アジアンツアー共同主管で開催される男子のゴルフトーナメントであり、かなり規模の大きなゴルフトーナメントです。石川遼選手などが過去に活躍しており、その知名度はゴルファーの中では抜群です。 アジアンツアー こちらも有名なゴルフトーナメントであり、シンガポールに本拠地を置くアジアンツアーという同名の団体が統括しています。
Read More...

ゴルフトーナメントと賭け

ゴルフはオリンピックスポーツとして復活し、東京2020に向けて準備が整いましたの記事で紹介されているように、ゴルフ人気は今でも健在です。そんなゴルフトーナメントで賭けができることをご存知でしょうか。もちろん、日本では賭博法に抵触するので禁止されていますが、世界にはゴルフトーナメントで盛んに賭けが行われています。 ナッソー ゴルフが絡んだ賭けで最もポピュラーなものが、このナッソーです。ナッソーでは、フロント9、バック9、トータル18の3つで対戦する方式の賭けで、優劣を競います。 スネーク スネークも有名な賭けのスタイルで、ポイントを多く取ってしまった人が負けになるゲームです。OBやバンカーなどのミスプレーをカウントし、優劣を競います。 ちなみに 金品を絡ませるのはご法度ですが、「負けたほうが食事をおごる」といった程度のものであれば日本でもOKです。
Read More...

ゴルフグッズの手に入れ方

ゴルフを始めようと思ったら、まずはゴルフグッズを手に入れる必要があります。この記事では、ゴルフグッズを手に入れる際に利用できる、いくつかの方法をご紹介しています。 ゴルフ用品店で手に入れる ゴルフ用品店はいたるところにあります。この手のショップには経験豊富なスタッフが常駐していて、有益なアドバイスをもらうこともできます。 ネットで購入する アイテムの型番などがすでに決まっているのであれば、ゴルフ用品店ではなく、ネットでの購入がおすすめできます。自宅を一歩も出ずに購入を完結させることができるので、便利です。 フリマアプリで購入する メルカリや楽天のラクマなど、フリマアプリも利用できます。高額になりがちなゴルフ用品をセットで安く購入できるので、非常におすすめです。
Read More...

ゴルフトーナメントとは

ゴルフトーナメントという言葉をご存知でしょうか。この記事では、ゴルフトーナメントとはいったい何なのか、といったことを解説してます。 トーナメントとはゴルフの競技大会 ゴルフトーナメントとは端的に言えばゴルフの競技大会であり、レジャー目的ではない、勝敗や優劣をつけるプロスポーツのことをいいます。 競技はラウンドを勝ち上がって優勝を目指すトーナメント方式で行われます。予選ラウンド出場するには予備予選を勝ち上がる必要があり、シード権を持たないゴルファーにとっては非常に厳しい戦いになります。 見事決勝ラウンドに出場して優勝すれば、賞金と豪華な賞品を獲得することができます。
Read More...

ゴルフのマナー

ゴルフは紳士のスポーツであり、そのため守るべきマナーも数多くあります。この記事では、そんなゴルフのマナーの中でも特に重要なものをピックアップし、まとめています。 服装に注意 ゴルフ場では男女ともに襟付きのトップスが基本です。Tシャツ、サンダルなどのラフすぎる格好はNGなので控えましょう。ゴルフ専用のものでなくともOKですが、襟付きのポロシャツなどを用意しましょう。 タバコは指定の場所で コースの中での喫煙はご法度です。クラブハウスのそばなどに喫煙スペースが設けられているので、そちらを利用しましょう。コースに吸殻を捨てるなどももってのほかです。 打つ人の邪魔をしない プレーしている人の邪魔はNGです。打つ人が構えたら、おしゃべりをしたり音を出すことは控えましょう。
Read More...