尾崎将司 ~日本ゴルフ史上最高のプレイヤー?

かつて日本のゴルフ界はAONと呼ばれる3人のゴルファーによって支えられていました。それぞれのゴルファーの頭文字を取ったこのAONの呼称。Aは1980年の全米オープンであのジャック・ニクラウスと死闘を繰り広げ、1983年にはハワイアン・オープンで日本人初のPGAツアー優勝を果たした青木功。Nは1985年に日本人で初めて獲得賞金額1億円を突破した中嶋常幸。そしてOが、そんな強敵と死闘を繰り広げながらも、この3人の中で最強の名を欲しいままにした「ジャンボ」こと尾崎将司です。 野球選手からゴルフ選手へ 良く知られている話ですが、ジャンボ尾崎は春の選抜高校野球の優勝投手であり、西鉄ライオンズで3年間活躍した プロ野球選手でした。その後プロゴルファー転向を決意し、1970年にプロテスト合格。翌1971年には早くも初優勝と順風満帆なゴルフキャリアをスタートします。 しかし凄いのはここからで、この初優勝から僅か3ヶ月でなんと5勝を挙げたのです。まさしく彼の時代が幕を開けたのでした。そして1973年にはマスターズ・トーナメントで東洋人初の8位入賞を果たし、世界でもその名を知られるようになります。キャリアでは通算12度の賞金王に輝き、特に94年から5年連続で賞金王になった頃の彼の強さは、この時代がAONの時代と言われながら、しかし国内に敵は全くいなかったと言っても過言ではありませんでした。 活躍できなかった海外のトーナメント そんな国内無双を続けたジャンボ尾崎でしたが、しかし海外のトーナメントでは振るいませんでした。4大メジャーには50回出場し、最高位は1989年の全米オープンの6位。トップ10以内に入ったことは都合3回しかありませんでした。国内でこれほど強いジャンボ尾崎が海外では勝てないことに、世界との距離を感じたゴルフファンも多かったことでしょう。 日本ゴルフ界への貢献 ジャンボ尾崎はただゴルフが強かっただけのゴルファーではありません。兄弟のプロゴルファー、健夫や直道と共にジャンボ軍団を結成し合同自主トレを行っていましたが、ここからは多くのプロゴルファーが巣立って行きました。飯合肇、川岸良兼などのトップゴルファーを排出し、この時期の日本ゴルフ界の底上げに大きく貢献したのです。 尾崎将司は、間違いなく日本ゴルフ史上最も偉大なゴルファーの一人です。1964年の東京オリンピックで聖火ランナーを務めたことは意外と知られていませんが、もしゴルフがオリンピック種目になるのが20年早かったら、きっと出場し活躍していたことでしょう。そうなっていたら、きっと多くのファンが日本でも利用できるこの様なブックメーカー アジアのブックメーカーとゴルフに賭ける で彼の勝利に賭けていたはずです。まだ現役を続ける彼ですが、引退を匂わす発言も出るようになりました。しかしもし引退したとしても、彼のゴルフ界への貢献は今後も続いていくことでしょう。
Read More...

アジアのトーナメント

ゴルフトーナメントは世界各国で開催されており、どれも独自の特徴を有しています。 今回はthe Asian tour of golf、すなわちアジアのゴルフトーナメントについてご紹介します。 アジアパシフィックダイヤモンドカップ アジアパシフィックダイヤモンドカップとは、日本ゴルフ協会と日本ゴルフツアー機構、アジアンツアー共同主管で開催される男子のゴルフトーナメントであり、かなり規模の大きなゴルフトーナメントです。石川遼選手などが過去に活躍しており、その知名度はゴルファーの中では抜群です。 アジアンツアー こちらも有名なゴルフトーナメントであり、シンガポールに本拠地を置くアジアンツアーという同名の団体が統括しています。
Read More...

ゴルフトーナメントと賭け

ゴルフはオリンピックスポーツとして復活し、東京2020に向けて準備が整いましたの記事で紹介されているように、ゴルフ人気は今でも健在です。そんなゴルフトーナメントで賭けができることをご存知でしょうか。もちろん、日本では賭博法に抵触するので禁止されていますが、世界にはゴルフトーナメントで盛んに賭けが行われています。 ナッソー ゴルフが絡んだ賭けで最もポピュラーなものが、このナッソーです。ナッソーでは、フロント9、バック9、トータル18の3つで対戦する方式の賭けで、優劣を競います。 スネーク スネークも有名な賭けのスタイルで、ポイントを多く取ってしまった人が負けになるゲームです。OBやバンカーなどのミスプレーをカウントし、優劣を競います。 ちなみに 金品を絡ませるのはご法度ですが、「負けたほうが食事をおごる」といった程度のものであれば日本でもOKです。
Read More...

ゴルフグッズの手に入れ方

ゴルフを始めようと思ったら、まずはゴルフグッズを手に入れる必要があります。この記事では、ゴルフグッズを手に入れる際に利用できる、いくつかの方法をご紹介しています。 ゴルフ用品店で手に入れる ゴルフ用品店はいたるところにあります。この手のショップには経験豊富なスタッフが常駐していて、有益なアドバイスをもらうこともできます。 ネットで購入する アイテムの型番などがすでに決まっているのであれば、ゴルフ用品店ではなく、ネットでの購入がおすすめできます。自宅を一歩も出ずに購入を完結させることができるので、便利です。 フリマアプリで購入する メルカリや楽天のラクマなど、フリマアプリも利用できます。高額になりがちなゴルフ用品をセットで安く購入できるので、非常におすすめです。
Read More...

ゴルフトーナメントとは

ゴルフトーナメントという言葉をご存知でしょうか。この記事では、ゴルフトーナメントとはいったい何なのか、といったことを解説してます。 トーナメントとはゴルフの競技大会 ゴルフトーナメントとは端的に言えばゴルフの競技大会であり、レジャー目的ではない、勝敗や優劣をつけるプロスポーツのことをいいます。 競技はラウンドを勝ち上がって優勝を目指すトーナメント方式で行われます。予選ラウンド出場するには予備予選を勝ち上がる必要があり、シード権を持たないゴルファーにとっては非常に厳しい戦いになります。 見事決勝ラウンドに出場して優勝すれば、賞金と豪華な賞品を獲得することができます。
Read More...

ゴルフのマナー

ゴルフは紳士のスポーツであり、そのため守るべきマナーも数多くあります。この記事では、そんなゴルフのマナーの中でも特に重要なものをピックアップし、まとめています。 服装に注意 ゴルフ場では男女ともに襟付きのトップスが基本です。Tシャツ、サンダルなどのラフすぎる格好はNGなので控えましょう。ゴルフ専用のものでなくともOKですが、襟付きのポロシャツなどを用意しましょう。 タバコは指定の場所で コースの中での喫煙はご法度です。クラブハウスのそばなどに喫煙スペースが設けられているので、そちらを利用しましょう。コースに吸殻を捨てるなどももってのほかです。 打つ人の邪魔をしない プレーしている人の邪魔はNGです。打つ人が構えたら、おしゃべりをしたり音を出すことは控えましょう。
Read More...

ゴルフの楽しみとは

ゴルフって何が楽しいの? 「ゴルフ」と聞くと、ボールを打ったり芝生を歩いたりするイメージを持つ人が多いかと思います。グリーンを歩くだけのつまらないスポーツのように映るかもしれませんが、そんなことはありません。では、ゴルフの楽しみとはいったい何なのでしょうか? 大自然を楽しむことができる ゴルフ場は大自然の中にあることが多く、息をのむような絶景が楽しめることが多いです。大自然の眺望とクリーンな空気を味わいながら楽しむゴルフは、とても楽しいものです。 ゲストハウスでの豪華な食事 ゲストハウスのレストランでの食事はゴルフの醍醐味です。その土地の特産物がふんだんに使われた料理が目白押しであり、ゴルフで疲れた体に英気を養うことができます。
Read More...

クラブの選び方

ゴルフでは複数のクラブをシーン別に使い分けます。この記事では、ゴルフ初心者向けに上手なゴルフクラブの使い分け方をご紹介します。 ドライバー ヘッドが最も大きなクラブで、どのクラブよりも飛距離が出ます。ティーショットで使うのが定番です。 フェアウェイウッド ドライバーのヘッドが一回り小さくなったものです。地面の上にあるボールを遠くまで飛ばせます。二打目以降で活躍します。 アイアン フェアウェイウッドよりも短い距離を打つ時に使うクラブです。アイアンには1~9番の番号が振られており、それぞれ推定飛距離が異なります。 パター グリーン上でボールを転がすためのクラブです。カップに入れる際に用いられるほか、初心者がグリーンの周りからグリーンにボールをおさめるときに使います。
Read More...

アクセスのいいゴルフ場

ゴルフ場は基本的に、人里離れた山中などにあることが多く、マイカーなどがないと行きにくい仕様になっています。そこでこの記事では、電車やバスなどの公共交通機関で行けてしまう、おすすめのゴルフ場をご紹介します。 小田原城カントリー倶楽部 東海道本線の根府川駅からクラブバスで約20分の場所にあるアクセス良好のゴルフ場で、都心から1時間ほどで行ける好立地です。スカイツリーを晴れた日に見渡せるほど都心に近く、設備充実で申し分なしです。 鎌倉カントリークラブ 京浜東北線の大船駅からクラブバスで20分の好立地のエリアにある鎌倉カントリークラブは、首都圏在住のゴルファーにはうれしいゴルフ場です。クラブバスの運行頻度も高く、プレーの自由度が非常に高くなっています。
Read More...